鏡開きです!/新宿星の下の施術店

2019年01月16日

皆様、こんにちは❗️❗️

だんだんとお正月気分が抜けてきた馬場です☺️

 

そんな中、

お正月のイベント【鏡開き】

 

がやってきましたぁ✨✨

ところで、今まで何となく【鏡餅】【鏡開き】と言ってきましたが、何故だろう??と疑問に思い調べてみました❗️❗️

【鏡餅】
昔の鏡というのは丸い形をした銅からできた鏡なのですが、昔の鏡というのは、天照大神から授かった三種の神器のひとつで、伊勢神宮をはじめ、鏡をご神体としているところもたくさんあります!
鏡餅は年神様の依り代で、ご神体としての鏡をお餅であらわし、「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

〇丸い餅が2段の理由〇

 

この丸い形は、丸い鏡を模していて、魂の象徴と言われ、大小2段で月と太陽、陰と陽を表しています。
さらに、円満に年を重ねる、夫婦和合などの意味が込められています。

 

【鏡開き】

鏡開きはもともと武家から始まった行事で、刃物を使って切ることは切腹を連想させるので禁物でした。
そこで、手か木槌などで割ることになりましたが、「割る」という表現も縁起が悪いため、「開く」という末広がりの言葉を使って「鏡開き」と言うようになりました。

また、鏡開きで年神様を見送り、お正月に一区切りつけるということは、その年の仕事始めをするという意味がありました。
なので剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きとしてお汁粉をふるまったりするのは、その名残りです。

鏡餅は銅鏡の代わりで年神様の依り代だったんですね☺️
お餅を食べてパワーをもらって、寒さを吹き飛ばしましょう✨✨
そして星の下の施術店でマッサージをして免疫力も上げていきましょう🎶🎶

 

✨星の下spacialコース✨

short100分 11,340円(税込)

long140分 15,867円(税込)

皆様のご来店お待ちしています😊✨✨